パブリック人材を全国から募集 パブリック人材を全国から募集

パブリック人材は、官民共創事業の形骸化を防ぎ、真の目的を達成するために必要不可欠な人材です。
行政と民間。どちらの経験も合わせ持ち、互いの意見調整ができる希有な能力は、
日本の未来を担う官民共創事業にインパクトのある成果をもたらします。

官と民、それぞれで得た知見や感覚を
地方創生のために活かしたい
社会課題を解決して地域に価値を提供したい
そんな想いのある方は、
共にパブリック人材としての活動をスタートしませんか?

こんな方を募集しています

パブリック人材の人物イメージ

地方公務員・議員・官僚

民間(ビジネス)の
経験・スキル・知見を持った
地方公務員・議員・官僚

民間人材

自治体・省庁など行政・議会の
経験・スキル・知見を持った
民間人材

属性や居住地は問いません。
遠隔地からのプロジェクト参加も可能です。

参加お申し込み方法

1. 当ページ下部の「参加お申し込み」ボタンより、必要事項を入力の上送信してください。

2. 返信メールが届きます。メールの案内に従って、経歴やキャリアのご希望などの 登録手続きをお願いします。

3. その後継続的にメール等でご連絡いたします。
アセスメントやインタビューをさせていただく場合もございます。

4. 希望者は、スキルや経験に応じて官民共創事業へご参画いただきます。

パブリック人材の
プロジェクトでの活躍

パブリック人材によるミーティングのイメージ

民間企業の新規事業創出プロジェクトに
自治体との調整役として参画

既存の自社リソースを活用して社会課題を目指す新しいサービスを創りたいという企業ニーズにこたえ、
自治体での実証実験と事業構築をサポート。
対象自治体の選定と調整を行い各プロセスで自治体とのパイプ役として活躍。

パブリック人材によるミーティングのイメージ

行政のまちづくり計画策定時に、
地域ステークホルダーとの合意形成を支援

地域の大規模開発に伴う地域住民との合意形成に、従来のパブリックコメントだけでない新しい手法を提言。
民間のコミュニケーション/ワークショップ手法を用い、各ステークホルダーの相互理解を促しました。

その他、民間企業の新規事業開発支援、
自治体との連携協定支援、
価値創造人材育成支援などの分野で
活躍しています